趣味

2017年12月 6日 (水)

振れ取り台もどきを自作

自転車のスポークが折れて、ホイールがぐにゃぐにゃになってしまったため、スポークを取り寄せて補修することにしました。

スポークを張るには「振れ取り台」というものを用いるんだとか。

おそらく一度きりの作業のために買うにはなかなか高価なので、ネット上の記事を参考に自作してみました。

17120501

P_20171203_002252

剛性が足りないので、本格的で緻密な作業には適しませんが、これで大体いい感じに修復できました。

あくまで20インチの小径車用ですが、下記の300mmアングルを4本、フラットバー300mmを2本、同450mmを2本、それとボルトナット10組で組みあがります。

ポイントは、底面のフラットバーを1本斜めにして、ゆがまないようにすることでしょうか。


繰り返しになりますが、厳密な作業用では無いのと、20インチホイールの場合です。

2016年6月22日 (水)

セカイモンを利用してみています

このほど、日本国内では市販されていない中古の品物が必要になり、「セカイモン」というサイトを利用してイギリスより購入することを試しています。

セカイモン(sekaimon)

簡単にいうと、ネットオークションサイト「eBay」の購入代行サイト。購入(落札)すると一旦セカイモンの物流拠点に送られ、そこから日本へ転送してもらえる仕組みのよう。
日本語だけで、海外のネットオークションより品物が購入できる・・・と思います。
思います、というのは、まだ品物が到着していないので現在進行形のお話のためです。

初めて利用して少々戸惑う点もありましたので、ご参考までに書いておこうと思います。

「即決」商品でしたので、落札・購入を行ったが6月某日。
ところが、決済が済んでも全然発送される気配がありません。セカイモンのマイページよりステータスを見ると、「入庫待ち」のままです。

日本のオークションだと、落札されて“迅速に”発送するのが常識のようなものですので、戸惑うポイントです。

ヘルプを読むと、"出品者からセカイモン物流センターに届くまで要する日数は平均12日です"と。
また、落札後に届くメールには、「入庫確認予定日」の記載があり、今回のケースでは18日後の日付が記載されていました。

また、製品が実際に出品者から発送されても、日本のように追跡番号が通知されるようなことはなく、また、もし物流センターに届いても、品物の確認がなされるまでは「入庫待ち」のままらしいということが他のサイトを検索して判りましたので、少し気長に待ってみることにしました。

すると、購入から15日目でステイタスが「入庫済み」(だったかな?)になりました。ひとまず、出品者が発送を怠っているのでは・・・という懸念は解消しました。

購入18日目の現在は、「商品保管中」。発送されるのを待つのみです。(発送は毎週水曜日にまとめて行っているらしい。)

進捗があれば、追記しようと思います。

==(6月27日追記)==

その後、購入21日目に発送され、24日目に通関審査を通過。25日目に厳重な梱包をされて到着しました。

日数は少々かかりましたが、国内では到底入手不可能な品が簡単に手に入ったのは成功でした。

.