ニュース

2017年9月22日 (金)

やはりコスト増へ

市庁舎の建設でもそうでしたが、このご時世ではどうしても建築工事の費用が見込みよりも大きく膨らんでしまいますね。

藤沢駅自由通路、拡幅に10年、330億円 藤沢市が試算を明らかに 神奈川新聞・2017-9-20

 藤沢市は19日、藤沢駅周辺地区の再整備のメイン事業に位置付ける駅舎の南北自由通路拡幅の費用が関連費を含めて約330億円に上り、事業期間も最長10年かかるとする試算を明らかにした。費用、期間が共に当初の計画を大きく上回るため、市は「事業費の圧縮や期間短縮を検討していく」とし、鉄道各社とも話し合う方針を示した。

自由通路は、広告ですら2つの鉄道事業者が火花を散らしている箇所。計画をまとめていくのは相当複雑な作業となることでしょう。

すでに北口へマクドナルドやダイエーへ行くためのエスカレーターが新設されたり、地下道のリニューアルにも着手したりといった投資は始まっていて、その後南口ペデストリアンデッキのリニューアルも行ったりといった一連の事業の軸ともいえる、この南北自由通路の拡幅。
自由通路の幅員が今よりも広がるのは良いことですが、事業の全貌やその費用対効果のほどは市民が知りたい話のように思います。

2017年9月 8日 (金)

やはりカール号が…

カール電車の行く末は… から結構経って忘れかけていましたが、ついに見えるかたちの記事が。

それにつけても寂しいカール 江ノ電の広告、年内終了へ:朝日新聞デジタル 2017年9月7日

誰うまな見出しと中身に、さすがk という印象ですが、やはり本当になくなってしまうのですね…。
というか、まだ諦めきれませんので、終売を見直してもらいたいものです…。

2016年7月20日 (水)

給食費の着服

ニュース関連の話は古くなってしまうので書かないようにしようと思っていましたが、あまりのひどさに無視するわけにいかなくなってしまいました・・・。

学校給食費6470万円、女性職員が着服 神奈川・藤沢:朝日新聞デジタル 2016年7月19日

市によると、女性職員は同課課長補佐などを務めていた2011年ごろ~2015年3月ごろ、教育長の名前を使った書類を偽造するなどして、学校給食会の口座から食材費名目で現金を引き出し、着服していたという。業者への支払い業務は、この職員が1人で担当していた。

2011年頃から2015年3月頃までのことが今まで判らなかった仕組みって、なんでしょうね。
今は学校給食費の会計方式が変わってこうしたことは起こりにくくなったそうですが、それは教職員の負担軽減などが目的で、こうした不正の防止が主目的ではなかったはず。それとも、わりと以前から囁かれでもしていたんでしょうか・・・

ここ最近、スポーツ推進課職員による預り金など200万円余りの横領、生活援護課職員による生活保護費の架空支給繰り返しによる460万円余りの着服と、重大な金銭搾取が立て続けに明るみになっています。

市では、こうした不祥事の度に、刑事告訴の準備を進め、職員への指導強化を図っていくとしていますが、職員個々の自覚に委ねるだけで済む話なのかどうか。
そろそろ厳しい目を注ぐ必要があるのかもしれません。

.