« 小田急百貨店藤沢店の改装 | トップページ | 小田急江ノ島線の減便 »

2017年12月31日 (日)

どうなる・どうする 江の島の五輪セーリング

なかなかびっくりな話。

五輪セーリング会場の江の島、津波避難対策で客席大幅削減検討― スポニチ Sponichi Annex 社会 2017年12月28日
2020年東京五輪のセーリング会場となる神奈川県藤沢市の江の島について、大地震による津波の際に観客が迅速に避難できないとして、大会組織委員会などが客席を当初想定の5000人から最少で数百人まで削減する案を検討していることが27日、組織委関係者への取材で分かった。

昭和39年以来のオリンピック会場になって、観客が大勢来るからと道路や駅や駅前をよくするとか、ボランティアによるおもてなしを・・・なんていうのは大半が吹き飛んでしまう話。
期待を寄せていた向きにしたら、とんでもないことでしょう。

だけど、そうするとそもそも選手が練習や競技で沖へ出ているときに津波警報が出たらどうするのかとか、そもそも江の島で・・・いや、南関東で・・・いや、日本で五輪を開催すること自体に問題があるんじゃないかと思ってしまいます。

それは極端にしても、セーリング競技を海岸付近の観客席で観戦することがどの程度関心をあつめるのかどうか。
むしろ、ドローンなどを使った映像実況を、海岸に限定しない場所で観戦する方が競技の展開がわかりやすく魅力も増すんじゃないかと純粋に思います。

市民にセーリング競技への関心を高めてもらうための取り組みも行われているようですが、何のために何にどれほどの力をかけるべきなのか、冷静に考えていく必要があると思います。

« 小田急百貨店藤沢店の改装 | トップページ | 小田急江ノ島線の減便 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70681/66221723

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる・どうする 江の島の五輪セーリング:

« 小田急百貨店藤沢店の改装 | トップページ | 小田急江ノ島線の減便 »

.