« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

湘南新スタジアム

急な話にちょっとびっくりしましたw

湘南2万人新スタジアム 平塚、藤沢など候補に検討 - J1 : 日刊スポーツ 2016年9月29日

湘南が新スタジアムへの本拠地移転を検討していることが28日、分かった。候補地として、大手コンサルタント会社から神奈川・平塚市、藤沢市、茅ケ崎市などから複数リストアップされているという。

藤沢のどこにスタジアムを作る構想が出てくるんでしょうね。それだけでも興味があります。
どこかさらに大きな工場が撤退する計画でもあるんでしょうか。
茅ヶ崎ならば、茅ヶ崎ゴルフ倶楽部の用地が広そうですが、電通と東急が具体的な計画をすでに決めていたはずですし。

急ごしらえでなんとかスタンドを増設して当時の条件を満たした平塚競技場だったと思いますが、記事を読む限りでは湘南のサポーターというよりも、対戦相手のサポーターを収容するのには狭すぎて収益向上の足かせになっていると。
J2への降格の公算が高まっているタイミングですが、選手層を充実させないとチーム成績が上がりませんし、そのための収益向上にはより大きなスタジアムも欠かせないという、鶏が先か卵が先かといった話のようにも感じます。

話を藤沢に戻しますと、昔のことでソースもあやふやなのではっきり書きませんが、ベルマーレがホームタウンを平塚市以外の湘南各市町に広げると発表し、それを知った当時の藤沢市長が「できればきてほしくない」なんて記者会見で答えて、後の市長はサッカー好き、そしてさらに市長が変わり今に至るまで、少しづつ藤沢市でもベルマーレの浸透が広がっては来ていますが、昨今のベイスターズの強さと人気ぶりもあって、藤沢はどっちへ傾くだろうなというのが巷で受ける印象。
それと、東京オリンピックのセーリング競技の話もありますし、この新スタジアムの話はどんな風に明らかになってくるんでしょう。

2016年9月 8日 (木)

いつかは実現する? 村岡新駅

東海道線の大船駅~藤沢駅間に設置の構想がある村岡新駅で新しい話が。

村岡新駅の建設費、想定の1・5倍見通し 藤沢市、鎌倉市に大きな痛手|ニフティニュース 2016年09月03日

リンク先の地図は周辺の位置関係がわかりやすいです。

もともと貨物駅があった場所へ根岸線を延伸させて駅を作る目的で(実質的に)藤沢市が国鉄清算事業団から土地を買収しましたが、それがなかなか実現せずにいました。
その後、湘南市構想などが持ち上がった合併仲間の鎌倉市と、村岡地区・深沢地区を新たな都市拠点として整備しようという計画がもちあがり、その中心の東海道線の新駅として計画され続けています。

深沢地区のJR大船工場や社宅が無くなったこともあり、構想にはJRもオブザーバーで参加しているそうですが、最近鎌倉市側では街づくりよりもごみ処理施設をこの地区に作りたいという話も出てきたようで、共に新駅設置を目指している藤沢市と鎌倉市とで意思の不統一が感じられるようになってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、これとは対照的に田町~品川間のJR新駅の話が順調に進展。

村岡駅の方は、最悪のケースとしては元に戻って藤沢市単独で作らなければならず、武田薬品の引き留めに成功したとはいえ、相当広範囲の再開発を合わせて行わないと、駅を建設しただけのコストは回収できないと想像ができます。

これから10年後、20年後に果たして村岡駅はできているでしょうかね・・・

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

.