« 藤沢駅南口にいきなりステーキ開店 | トップページ | 藤沢駅前にドン・キホーテが。 »

2016年6月19日 (日)

片瀬海岸・江の島周辺の砂浜の様子

P_20160618_131034_4

地元の海岸、片瀬海岸西浜。
今年は昨年度末までに片瀬漁港航路の浚渫土砂を運び入れたらしく(詳細が解りませんが)、シケの際は波が海の家の軒下に届くほどだったものから、随分と砂浜が広がりました。

参考に、昨年の様子。

160619

その一方で砂が減ってしまったのが、片瀬海岸側と江の島とを結ぶ砂州部分。
何年か前から大潮などの干潮時にだけ現れる“トンボロ”として関心を持たれることが多くなっていますが、前述の浚渫によって、隣接するここの砂が次第に減って行っているようです。

以前は完全に陸地という感じでしたが、今は最も大きく引くときでも中央に潮だまりが残るようになってしまいました。
2016年5月22日 11時過ぎに江の島から。
P_20160522_111800_hdr

そもそもはダムの建設や河川の護岸整備などで海へそそぐ砂が減少し、相模湾一帯で海岸の砂が減少しているところに、片瀬漁港の建設で砂の流れが複雑になってしまったのが原因。
これからも年単位で砂浜の変化が起き続けていくことでしょう。

« 藤沢駅南口にいきなりステーキ開店 | トップページ | 藤沢駅前にドン・キホーテが。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70681/63801676

この記事へのトラックバック一覧です: 片瀬海岸・江の島周辺の砂浜の様子:

« 藤沢駅南口にいきなりステーキ開店 | トップページ | 藤沢駅前にドン・キホーテが。 »

.