トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

新しいスポーツクラブが

藤沢駅北口に新しくスポーツクラブNAS藤沢が出来るらしく、告知が29日に配達地域指定郵便物でポスティングされてきました。

Img_20160630_025259

レギュラー会員が月会費 オープン前特典の7,800円にしても通常8,500円(いずれも税別)にしても、妙に安いですね。
同じ北口のダンロップスポーツクラブ藤沢が9,056円、ティップネス藤沢10,300円(いずれも税別)ですから。

スポーツクラブの会員数も、昔テレビ通販で「ビリーズブートキャンプ」が流行った頃に女性会員を中心にガクッと減った印象がありますが、最近は健康意識の高まりなのか、新年度が始まって数か月ということもあって結構増えている感じがします。

藤沢も駅の周りや辻堂にかけてまだ新住民の増加余地がありますので、しばらくはスポーツクラブ間で新会員の争奪戦が繰り広げられるんじゃないかと思います。

2016年6月29日 (水)

ふなっしーの海の家が片瀬西浜に

言うまでもなく全国区の千葉県船橋市非公認ご当地キャラクター、ふなっしーの海の家が片瀬海岸西浜に今年登場するんだそうです。

ふなっしーの「海の家」片瀬西浜海岸にオープン、オリジナルフードや限定グッズを販売 | ニュース - ファッションプレス

ガラが悪くて一般の家族連れ海水浴客などがとても近寄れなかった2010年ぐらいまでの片瀬海岸から、一昨年あたりから状況がわりと変わってきましたので、こうした海の家が出来るのもよい傾向なのではないかと思います。

P_20160628_125506

藤沢あたりでは一般の方はご存知ないかもしれませんが、「東京は長野だ。」というのが昔ありまして、「江の島は千葉だ。」といった様相・・・とは言い過ぎですが、やや乱立気味の、藤沢のご当地キャラも負けていられませんよ。

全然関係ありませんが、船橋といえばヘルスセンター。
ここのあたりにも昔「江の島へるすせんたー」という施設があったような、妙な共通点が・・・

2016年6月22日 (水)

セカイモンを利用してみています

このほど、日本国内では市販されていない中古の品物が必要になり、「セカイモン」というサイトを利用してイギリスより購入することを試しています。

セカイモン(sekaimon)

簡単にいうと、ネットオークションサイト「eBay」の購入代行サイト。購入(落札)すると一旦セカイモンの物流拠点に送られ、そこから日本へ転送してもらえる仕組みのよう。
日本語だけで、海外のネットオークションより品物が購入できる・・・と思います。
思います、というのは、まだ品物が到着していないので現在進行形のお話のためです。

初めて利用して少々戸惑う点もありましたので、ご参考までに書いておこうと思います。

「即決」商品でしたので、落札・購入を行ったが6月某日。
ところが、決済が済んでも全然発送される気配がありません。セカイモンのマイページよりステータスを見ると、「入庫待ち」のままです。

日本のオークションだと、落札されて“迅速に”発送するのが常識のようなものですので、戸惑うポイントです。

ヘルプを読むと、"出品者からセカイモン物流センターに届くまで要する日数は平均12日です"と。
また、落札後に届くメールには、「入庫確認予定日」の記載があり、今回のケースでは18日後の日付が記載されていました。

また、製品が実際に出品者から発送されても、日本のように追跡番号が通知されるようなことはなく、また、もし物流センターに届いても、品物の確認がなされるまでは「入庫待ち」のままらしいということが他のサイトを検索して判りましたので、少し気長に待ってみることにしました。

すると、購入から15日目でステイタスが「入庫済み」(だったかな?)になりました。ひとまず、出品者が発送を怠っているのでは・・・という懸念は解消しました。

購入18日目の現在は、「商品保管中」。発送されるのを待つのみです。(発送は毎週水曜日にまとめて行っているらしい。)

進捗があれば、追記しようと思います。

==(6月27日追記)==

その後、購入21日目に発送され、24日目に通関審査を通過。25日目に厳重な梱包をされて到着しました。

日数は少々かかりましたが、国内では到底入手不可能な品が簡単に手に入ったのは成功でした。

湘南台駅、カーリフトの撤去

藤沢市議会6月定例会によると、市営湘南台駅地下自動車駐車場の「カーリフト」をとうとう撤去するんだとか。



公益財団法人藤沢市まちづくり協会-湘南台駅地下自動車駐車場

横浜市営地下鉄と相鉄いずみ野線の湘南台駅開業にあわせて1999年に完成したこの地下駐車場。
東口側にスロープ状の出入り口があるのとともに、西口にはこの「カーリフト」による入口があって、車に乗ったまま下りられるのが面白く、自分も何度か興味本位で(笑)利用したことがあります。(退出は東口のスロープからしかできないという中途半端なものでした。)

ただ、両線が延伸開業することによる市民の利便性の確保を目的にしたわりには利用率がそれほど多くなく(今は知りませんが)、係員の人件費や維持費の掛かる「カーリフト」は2002年末には閉鎖されるに至り、以来事実上放置されてきました。

今回、バスターミナルの拡充も計画されているようですが、慶応大学行バス停が駅から大変離れた場所に設置されていることなどを考えると、東西自由通路の下に位置する市営地下駐車場は、バスターミナルなどに活用されたら良かったのにと、今になって思います。
(当時はむしろ、自転車が地下自由通路を通行できないのが不便だなと感じました。)

まあ、このカーリフトについては無駄な投資でしたね。
あとは、駅までのバスアクセスの利便性がどれほど向上するかという点に関心があります。

2016年6月20日 (月)

藤沢駅前にドン・キホーテが。

少し見落としていましたが、前のパシオス藤沢店のビルで進められていたドン・キホーテ開店への改装工事がそろそろ終わり、6月29日(水)オープンという発表がされていましたね。

2016年6月29日(水)
『ドン・キホーテ藤沢駅前店』オープン!
~藤沢駅前に日常使いのトレンド発信拠点誕生~ ※PDF

タウンニュースの記事のよれば、市に従って外装の予定を一部変更したんだとか。

藤沢市は「藤沢市屋外広告物条例」に沿って外観の色や看板の位置などに対して配慮を求め、同社は予定していた市松模様の外観を薄茶色に変更するなどした。

【タウンニュース藤沢版】南藤沢に「ドンキ」 6月下旬の開店目指す 

パシオス藤沢店の閉店後から改装工事開始後へ至ってもパシオスの屋号が建物に残っていたため、1フロアぐらい復活するのかと思っていましたが、1~4Fがドン・キホーテ、5Fは「ホビー・トレカパーク藤沢店」が出店するようです。

ホビー・トレカパーク藤沢店6月29日(水)オープン!!

話をドン・キホーテに戻しますと、時々深夜に急きょほしいものが出来て原宿(もちろん東京都じゃなくて藤沢的な意味の)まで車を走らせることがありますが、今度のお店をどのくらい利用することになるでしょうかね。

160620

ところで、藤沢市内でも以前「ドイト藤沢店」だったところがMEGAドン・キホーテか何かだったように記憶しているのですが、ほとんど歴史としては抹消されているような・・・

2016年6月19日 (日)

片瀬海岸・江の島周辺の砂浜の様子

P_20160618_131034_4

地元の海岸、片瀬海岸西浜。
今年は昨年度末までに片瀬漁港航路の浚渫土砂を運び入れたらしく(詳細が解りませんが)、シケの際は波が海の家の軒下に届くほどだったものから、随分と砂浜が広がりました。

参考に、昨年の様子。

160619

その一方で砂が減ってしまったのが、片瀬海岸側と江の島とを結ぶ砂州部分。
何年か前から大潮などの干潮時にだけ現れる“トンボロ”として関心を持たれることが多くなっていますが、前述の浚渫によって、隣接するここの砂が次第に減って行っているようです。

以前は完全に陸地という感じでしたが、今は最も大きく引くときでも中央に潮だまりが残るようになってしまいました。
2016年5月22日 11時過ぎに江の島から。
P_20160522_111800_hdr

そもそもはダムの建設や河川の護岸整備などで海へそそぐ砂が減少し、相模湾一帯で海岸の砂が減少しているところに、片瀬漁港の建設で砂の流れが複雑になってしまったのが原因。
これからも年単位で砂浜の変化が起き続けていくことでしょう。

2016年6月18日 (土)

藤沢駅南口にいきなりステーキ開店

立ち食いスタイルのステーキ店として都内などで話題になっていた「いきなりステーキ」がついに6月14日、藤沢駅南口に新規オープンしました。

藤沢店 | いきなり!ステーキ

中央のチェーン店の進出が総じて遅く、開店しても長続きしないケースも少なくない藤沢駅周辺。
かつて、「いきなりステーキ」と同じ会社の運営する「ペッパーランチ」が店を出していたこともありましたが、自分が1度も利用しないうちに撤退してしまったりもしています。

今回はというと、今まで蒲田や川崎駅前の「いきなりステーキ」へわざわざそれだけのために遠征していましたので大歓迎。
早速オープン初日に行って542gのリブロースステーキをいただいてきましたw

Img_20160614_195218

藤沢の店の特徴は、大半が立ち食いでなく着座席であること。

もっとも、「いきなりステーキ」全般にも感じることですが、当初「立ち食いの分、肉も安い」という納得感がありましたが、今はグラム5.5円などの肉は姿を消し、藤沢では最低7円からとなってしまっていますので、立ち食いよりも座れるほうが集客にも有利ということでしょうか。

ただ、少し前までの同店は外に待ち列が出来ていたものですが、自分が初日に訪れた際は待ち客ゼロ。
出店ラッシュで物珍しさが薄れた現状で、どれだけ客を集められるか気になるところでもありあます。

トップページ | 2016年7月 »

.