2017年9月10日 (日)

やはり藤沢の海水浴客減

今年2017年の海水浴客数。具体的な数字が出てきました。

東京新聞:藤沢の海水浴客 過去20年で最低の153万人:神奈川(TOKYO Web)

昨年よりも36.3%減。お盆のピーク期間では50%減だそうですが、実感としてはそれ以上に少ないと思います。

P_20170909

イベントを開催することで集客を図ればこうした数字は改善はしますが、それは駅前商店街活性化施策での“賑わいの創出”同様に、何かやればその時に人が集まるのは当たり前で、持続性が無いので意義は浅いものです。

イベントに依存せず、消費者がそれぞれ思い思いのタイミングに自発的にいろいろなスタイルで海水浴場を訪れて、いつでも満足感を得られるような海水浴場での楽しみ方、過ごし方を提案し、また受け入れていかないと、首都圏において藤沢の海水浴場は不要なものとなってしまいます。

近年は藤沢駅北口周辺や西北部へも観光客を誘致しなければいけなかったり、シティープロモーションもしなければいけなかったりとミッションが多角化していますが、そもそものオンリーワンの財産を生かして伸ばさないと、夏の海水浴・江の島抜きでは競争相手は多く、藤沢の独自色を発揮していくのはなかなか難しいし遠回りだと思います。

2017年9月 8日 (金)

やはりカール号が…

カール電車の行く末は… から結構経って忘れかけていましたが、ついに見えるかたちの記事が。

それにつけても寂しいカール 江ノ電の広告、年内終了へ:朝日新聞デジタル 2017年9月7日

誰うまな見出しと中身に、さすがk という印象ですが、やはり本当になくなってしまうのですね…。
というか、まだ諦めきれませんので、終売を見直してもらいたいものです…。

2017年8月14日 (月)

海水浴離れから目を逸らさないように・・・

長いこと海岸を見ていて感じるのですが、海水浴客数は年々減っていて、海の家あたりの閑古鳥加減には気の毒なものがあるのですが、対照的に海の家の無いあたりには数年前からビーチテントが並ぶようになってきました。

P_2017081302_2

海水浴に限らず、ファミリー客などは電車でなくマイカーで出かけるのが基本になっているため、湘南海岸公園各駐車場あたりは駐車場と砂浜が隣接していて便がよいのでしょう。

それと、ビーチテントが海の家の前から締め出されていることも理由にありそうです。

プラカード(?)が何本も差されていて異様なのでそばで読んでみたところ、テントが視界の妨げにあって人命救助の遅れに繋がるんだとか。
なるほど、それは知りませんでした。

P_2017081301_2

それにしても日本人の海水浴離れはいよいよ加速局面へ入って来たようです。

海なんて嫌い…最近の若者は、海水浴に行かないらしい - NAVER まとめ

すでに観光協会や江ノ電さんなど海水浴以外の季節の集客に力を入れていて、そのおかげで年間トータルの観光客数は増え続けていますが、8月の観光客数は減少傾向が続いているらしく。

一見賑わっているように見える藤沢・江の島の海岸ですが、この傾向を受け止める必要はありそうです。何かできることはないでしょうか。

2017年6月28日 (水)

江の島大橋の工事が

P_20170626_185738

片瀬海岸側と江の島を結ぶ車道橋の「江の島大橋」で工事が始まっています。
幅広のセンターラインに埋められていた突起が撤去され始めたかと思えば、すぐさま下り車線がその部分に移されました。

「江の島大橋」は前の東京オリンピックのときに開通して、架け替えによる4車線化も期待されていたようですが、補強を図ったうえでの3車線化に落ち着いたもよう。
工事の詳細を調べていませんので、このあと2020年の完成を目指して橋の補強を行っていくのか、4か月少々でちょっと補修しておしまいなのか判りません・・・。
(下の写真に、橋の拡幅を29年10月31日までと書いてありますが、本当の拡幅ならそんな短期間では無理なような。)

今年7月からは旧かながわ女性センター跡地に「江の島かもめ駐車場」がオープンすることもありますし、下りが片側2車線になれば一方は既存のなぎさ駐車場の待ち列で塞がるでしょうから、バスが少しでもスムーズに運行できるようになればよいと思います。

または、都心の一部にあるようにセンターラインを朝夕で偏移させて、島から出る車が増える時間帯には上りを2車線に出来るようにすれば、効果はさらに上がるでしょうね。

ただ、懸念されるのは橋の幅員いっぱいに車道が設定されることで、何年か前に解禁された自転車通行の安全性が保たれるかどうか・・・

P_20170626_185835

P_20170626_185821

2017年6月25日 (日)

カール電車の行く末は…

前の記事 江の島でカール探し・・・(2017.06.05) の続き。

ありました。

P_20170612_145331

とっさに撮ったのでひどい写真ですが。

カールの広告をまとった2000形2003-2053号車。カールの終売が近づくにつれて今後どうなるでしょうか。

2017年6月 7日 (水)

江の島でカール探し・・・

カールが東日本で販売終了になるとのこと。ただただ残念で仕方ありません。

で、ふと思い出したのは、江の島がカールの広告だらけだった記憶。エスカーの中にも、展望灯台の周囲にもたくさん・・・

というわけで、記念にと思って写真に納めに行ったのですが。

P_20170605_163535

あら・・・? 見当たりません。

P_20170605_165115

展望灯台の周囲も、こういった頑丈なベンチばかり。
いたる所に「カール」のベンチが置かれていた印象があったのですが、結構昔のことだったのでしょうか。

ふと、ついでに江ノ電の江ノ島駅へ行ったら、記憶に残っていた通りの「カール」のベンチが置かれていました。(スマホのバッテリー切れのため、画像はありません・・・)
そういえば、江ノ電の2000形に「カール」の車体広告の編成もあったはず。(その画像のありません・・・)

2017年6月 5日 (月)

ふじさわ観光親善大使

2008年から2年間の「杏里」さん、2010年から2年間の「TUBEの皆さん」に続いて2012年から第3代ふじさわ観光親善大使をつとめてきた「つるの剛士」さん。

最近では2015年安保関連法案報道への疑問提起や昨年2016年の流行語大賞への不快感表明などで、市内外の多くの人の共感を集めましたが、今年で6年目となります。

市内に文化創造の拠点をという市民の強い願いがある中で2015年10月に「ココテラス湘南」にオープンした藤沢市アートスペースで今年3月から5月まで企画展も開かれ、そろそろ次の方へバトンタッチなのかと予想もしていましたが、継続が決まったようです。

つるの剛士、ふじさわ観光親善大使に継続就任 将棋の加藤一二三九段がチョコ123個プレゼント - 産経ニュース 2017年5月29日

これからも藤沢市の観光プロモーションに活躍してくれるものと期待しております。

2017年5月19日 (金)

サンパレットでの社会実験

Img_20170309_132252

旧・銀座通りの駅近区間をリニューアルした「サンパレット」で、オープンカフェの社会実験が始まったそうです。

歩道憩いの場に 藤沢駅北口再整備 神奈川新聞2017-5-18


「サンパレットにぎわい創出社会実験」を実施します 藤沢市

通常時はマクドナルドのテーブルを並べて利用客の利便をはかりつつ、藤沢市民まつりのときにはイベント会場にも利用しようということでしょうか。

海外では、モールに椅子とテーブルを並べて沿道のお店の飲食スペースとして利用され、賑わっている様子が普通に見られますが、日本では不可能でした。
その後2011年の法改正で条件が設定され、オープンカフェの社会実験が全国でいくつも行われるようになり、藤沢でも以前、サンパール広場で短期間行われたことがあったと思います。

藤沢駅からサム・ジュ・モールにかけてのこのルートは近年はすっかり人通りが細り、サム・ジュ・モールの日曜午後の歩行者天国も廃止となってしまいましたが、先ごろエスカレーターが新設されてさいか屋内のエスカレーターまで遠回りする必要が無くなり、利便性が高まったところ。
全国で「賑わいの創出」というマジックワードのもと実施される地域活性化の施策や事業のうち、狙い通りに成功した事例というのがあまり見受けられませんので、ぜひとも成功を収めてほしいところです。期待をしています。

(写真下 2011年秋にドイツ・デュッセルドルフにて)

Dsc01665

2017年5月18日 (木)

建設開始

P_20170516_131811
春の大型連休が終わり、片瀬海岸西浜では例年通り海の家の建設工事が始まりました。
基礎の掘り起こしと鉄骨の搬入が進んでいます。
工事と遠足の子どもたちが混在する光景は、都会の工事現場では決してみられないほほえましい光景。

夏本番の海の家も近年は大音響の問題が解消され、市外からの期間限定グルメやアンテナショップの出店などが楽しめるようになっています。今年はどんな楽しみがあるでしょうね。

一気に脚光が

Inkedp_20170517_131259_li

そういうわけで、急に「湘南江の島 海の王子」のワードが急上昇。

眞子さま、ご婚約報道で「海の王子」HPがパンク状態…将来の夢「外交」と記す/芸能/デイリースポーツ online

観光協会のホームページがアクセス集中でダウンするのは、いつだったかの納涼花火か花火大会のとき以来でしょうか。

全国的には、自治体やその周辺が開催するミスコンは時代の変化で縮小傾向にあったなか、藤沢のものは1996年以降、女性の「海の女王」に男性の「王子」を加えて存続されてきました。
しかし2008年から並行して「ふじさわ観光親善大使」ができたり、昨年2016年からは別に並行するシティプロモーション事業の公式マスコットキャラクターが登場して、さらに今年からは観光とシティプロモーションが統合されたりもして、将来的にはどうするんだろうなと思っていたところでした。

そこへ思わぬきっかけで元祖女王・王子による藤沢の観光宣伝が大ブレイクした格好ですね。

以前は海水浴場のステージで女王・王子の公開審査が行われていたりもしていたのですが、つい先日5月14日には今年度のコンテストが藤沢駅北口の藤沢商工会館ミナパークで行われたばかり。

【眞子さまと小室圭さんご婚約へ】歴代「海の王子」有名人に日本テレビ辻岡義堂アナ|ニフティニュース

このように歴代の「海の王子」を掘り返すマスコミ報道もすでにあるようですが、7月1日の海開きまで注目が持続して、誘客に結び付くと良いと思いますね。

«藤沢プラザの南館

.